⌂雑誌「come home」が理想!数ある工務店から1つに絞った3つの理由

おうちを建てることになって、
まず何をしていいか分からず、
とりあえず住宅展示場に行くことにしました。
 
 
住宅展示場に行くと、たくさんのおうちがあって
ワクワクします。
ハウスメーカーで建てる予定がなくても
一度は比較のために行くのも楽しいと思います。
 
私は雑誌『come home!』のようなおうちが理想。
 

 
木のぬくもりのあるおうちにしたい、ということだけは想像していましたが、
なんと言っても高い買い物。
理想のようにできるとは思えないし、
妥協も必要になるだろうなと、
最初からちょっと諦めていました。
 
 
たくさんのハウスメーカーに話を聞いて、
その中から1つ気になるハウスメーカーさんがあったので、おうちの見学をさせてもらうことに。
 
 
何軒か見学させてもらったり
おうちのイメージ画像を作ってもらったのですが、
自分のテンションがそこまであがらないので、
やっぱり違うのかな、とモヤモヤしていました。
 
 

違和感を感じた出来事

 
最後に、設計士さんのご自宅にもお邪魔させていただいたのですが、設計士さんのおうちの中が暗い。
 
常に電気をつけないといけないような暗さ。
 
これはちょっと自分の理想とは違うな、と
お断りさせていただきました。
 
 
それからは私の理想はハウスメーカーじゃなくて
工務店なのかもしれない。
とcome homeに載っていた工務店にいくつか行っておうちの見学をさせていただき、
1つに絞りました。
 
 

最終的に選んだ工務店の3つの決め手

 
アパートに暮らしていた時は
夫の実家から1時間ほど離れた場所で暮らしていました。
 
come home!に載っていたステキな工務店はアパートからは2時間ほどかかる。
 
毎回打ち合わせのたびに2時間かけていくのは大変なので、
ステキな工務店さんでしたが諦めました。
(こういう時、最初から夫の実家のそばで最初から暮らしていたら良かったなと思います。
そしたらまた違った選択ができたはず。)
 
 
最終的に選んだ工務店は、
 

  • アパートと実家の間あたりにあったこと
  • 見学したおうちが私の好みだったこと
  • 必要以上の売り込みがなかったこと

 
この3点で決めました。

検討していたハウスメーカーさんは、
断ってもアパートにきたり電話がしつこかったんです。
工務店さんは来るもの拒まず去るもの追わずで、必死さがなく、
品質に自信があるように感じて、惹かれました。
 
 
金銭面でいうと、工務店より検討していたハウスメーカーさんの方が値引きもしてもらえそうで、
安くはなりそうだったけど、
一生住むお家。
高い買い物だし後悔したくないので、
予算より高くなってしまったけど、
お気に入りのおうちに住めるなら、と
工務店を選びました。
 
 

良かったら、私のやる気スイッチを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です